もしも俺が○○だったら

クリエイターの会議室

もしも俺がバンドマンだったら

友人にバンドマンがいる。いい曲作るしイケている。だがバンドだけで食っていくのは難しいらしい。

もっと稼げないのかな?

もしも俺がバンドマンだったらどうするんだろう。8つのストーリーを考えてみよう。

1.全ての移動をヒッチハイク

移動を全てヒッチハイクにする

乗せてもらったお礼に1曲歌うor作る

降りぎわには自曲CDアルバムを渡す

ドライバーは暇だから全曲聞いてくれる

全国にファンがつく

2.SHOWROOMで放送する

流行手前の動画サイトにて放送する

たとえばSHOWROOM

まだまだブルーオーシャンだから

ネット上でのファンがつきやすい

3.無表情ロックバンド

歌う曲はブルーハーツ並みの熱い曲

だけどギターもドラムもみんな無表情

始まってからの動きが全くないバンド

ボーカルは腹話術で歌う

滑稽さ奇妙さにファンがつく

4.バンド名「C&L」

コール&レスポンスを多用するバンド

全ての曲にコール&レスポンスがある

たとえば、バンド「C&」客「L!!」

バンド「今日は」客「メテオ!」みたいな

ライブで叫びたいファンがつく

5.ポリティカルバンド

政治的なことを中心に歌うバンド

21世紀の添田唖蝉坊

国民の憂いを歌いあげる

炎上狙いも込みでファンがつく

6.老人ホーム慰問バンド

老人ホームで主に歌うバンド

老人にモッシュを躊躇なく要求 

古い心に新たな風を吹かせる

7.ストンプオマージュ

アメリカのストンプをオマージュする

一人ギター、残りはタップ・ストンプ

鳴らしながら歌う

少しミュージカル要素を入れる

即興もできるのでテレビでも売れっ子に

8.企業の広告バンドマン

企業の商品広告を勝手出るバンドマン

ヤバTの「タンクトップ」みたいに

マネタイズしやすいBtoB事業

テレビ広告もされるので有名になる 

・・・・・・・・エスパラーシオ!

 

Q.もしもあなたが、

バンドマンだったらどうしますか?