もしも俺が○○だったら

クリエイターの会議室

もしも俺が電車運転士だったら

電車には様々な人が乗車している。リーマン、学生、おばあちゃん、子供。

もっと楽しくならないかな?

もしも俺が電車運転士だったらどうするんだろう。8つのストーリーを考えてみよう。

1.お見合いパーティを開催する

いつもの電車内で月1回

通勤電車で意中の人がいる人向け

制限時間は端の駅から端の駅まで

キャッチフレーズは「恋愛快速」

2.温泉エクスプレスを作る

つり革広告に近くの温泉までのアクセス地図

温泉がない都会なら銭湯までのアクセス地図

電車・バスの乗り継ぎ方法まで詳細に書く

売店にて限定の電車タオル、電車石鹸を売る

街の銭湯・温泉経営が立て直せる

3.車内広告にアニメを流す

トムとジェリーなどの声無しアニメ

誰もが懐かしい過去を思い出せる

純粋だった子供心にタイムスリップ

電車内での争いごとが減る

4.駅に本の自動販売機を設置する

文庫本とか新書、漫画の自動販売機

通勤時間○分で読める本か書かれている

電車の待ち時間に本を読むのが流行

歩きスマホも結果的に減る

5.トイレ内に時刻表を置いておく

通勤時間ほど腹が痛くなるもの

トイレ内に時刻表を置いておく

時刻表があれば何分きばるかが決まる

車内でのだっぷんが減る

6.イケメン駅長総選挙

年に一度イケメンの駅長選挙をする

実際にその駅にいけば会える駅長が参加

特別賞としていい声部門も設立

使われていない駅・区間の利用者が増える

7.黄色いつり革をつくる

黄色いハンカチならぬ、つり革をつくる

一千万本に1つ

見たらいいことあるジンクス

ついでにSNSにあげないほうがいいジンクス

大衆に小さな幸せが作れる

8.落語の小噺電車をつくる

利用者が少ない時間、路線で

車内アナウンスで3車両だけ小噺が聞ける

基本的には前座がエンドレスでやる

年に一度、真打ちが登場

耳にイヤホン勢に新たな楽しみを与える

・・・・・・・・エスパラーシオ!

 

Q.もしもあなたが、

電車運転士だったらどうしますか?